TOP

スマートフォンのゲームアプリのポケモンGOは、日本だけにとどま…

  • スマートフォンのゲームであるポケモンGOは、世界的ヒットをしているタイトルです。実際にやってみると、面白さを実感できます。アニメの中のポケモンたちが現実世界のいろんな場所で現れて、捕まえられるので、遠出せずとも、周辺をぶらぶらと歩くだけでもウォーキングが捗りますし、ポケストップになっている自身の生活圏や旅行先など、様々なスポットの名称なんかを学びながら探索しゲームを楽しめるようになっています。さらに、ポケコイン購入以外は基本無料ですので、(必要なスペックを満たした)スマホを持っていれば、誰でもポケモンGOを手軽に遊べてしまいます。それにまた、アクティブユーザーが相当数いて、交流しやすいですし、新しい機能やイベントなどが増えるアップデートも活発なのが特徴です。これからも内容の充実が図られていくとのこと。ブームに乗り遅れないように、あなたもぜひポケモンGOをダウンロードしてみては?


  • 私の夫はスマホのゲームパズドラが相当好きで時間さえあればいつ…

  • 旦那はスマートフォンの大人気ゲームパズドラが好きなようで時間があればいつでもパズドラを楽しんでいるんですが、最近も、夜中なのに何か声がするな~と思いびっくりしたら、そんな時間までパズドラを熱心に遊んでいたんです。「なんでそうなったの~!」「ミスした~!」とかものすごく声をだしているから、もしかしたら何か仕事関係で不手際があったのかなと思っていたら、全くの勘違いでした。ほんと、心配させんな!と物申してやりたいです。ですが単にゲームでのミスならなんとも穏やかで良いのかもしれないですね。


  • Vaingloryにおいてキャリー、それにキャプテンやジャン・・

  • Vainglory(ヴェイングローリー)というゲームではキャリーにキャプテン、それにジャングルなど、3つの役どころがありますが、基本はキャプテンの任務では前に出て、そのキャプテンの後ろからキャリーがその攻撃力を活かし、そして、ジャングルはユニットを撃退し最終的にゴールドをゲットするという役どころになっています。しかし、キャリー要因として作られているキャラがキャプテンになって活躍することもできます。おまけに、ジャングルとして作られたキャラクターもキャリーになることもできます。そうはいってもそうすると火力が低かったり、防衛力が落ちて満足に対戦できない状態に陥る場合もありますので良い考えとは言えません。


  • ♯コンパスというスマートフォンのゲームの桜花忠臣という人気キャラ…

  • ♯コンパスという人気ゲームのキャラクターの桜花忠臣(おうかただおみ)のスキル(キャラクターの必殺技の様なもの)は、己の手からとてつもなくビッグな手の形をした覇気(カメハメ波みたいなもの)を発射する、といったスキルで、現在でもそのスキルの攻撃することができる領域というのはすごく広域なわけですが、この♯コンパスの開始後あまり経たない頃、このヒーロースキルは手を自分自身がやりたい時に左右に動かすことが認められていたそうです。その機能がなかったとしても攻撃が広範囲であり攻撃されない場所にいることが厄介なヒーロースキルが、急に向きを変え自分に向かってくるのは怖いですね。


  • シャドバ内の「蝙蝠ヴァンプ」カードは、ナーフ後も俄然活躍の機会が多いです。

  • シャドバの「蝙蝠ヴァンプ」のカードは、調整が入ったあとも未だ活躍の機会が多いです。その強さは1コスで4回自傷しつつ相手リーダーもろとも一括りで嬉しいことに4点与えられる「鮮血の花園」と0コストで自傷できてそれに加え、カードをドロー可な「不穏なる闇の町」カードが「闇喰らいの蝙蝠」と相性が最高で少なくても10点程度の火力であれば、けっこうカンタンに出せます。加えて自傷を4回すればデッキから登場する「フラウロス」やさらに自傷を7回で相手側モンスターを破壊しながらの疾走能力も含む「姦淫の絶傑・ヴァーナレク」も非常に強いです。きっと使い勝手があります。


  • 現在、大ブームのVチューバーをセレクトする為に、twitter・Showroom…

  • 今どき大人気のVチューバーたちをセレクトする為、twitter・Showroomにおいてバーチャル蠱毒と呼ばれる祭典があるようです。これは、2Dや3Dアバターの中の人(いわゆる声優)を決定するものです。簡単に言えば、オーディションになります。ひとりのキャラの席をかけ、大勢の人間が一番になるため、また人気を得ようという気持ちで日々必死になって奮闘している風景は、まさしく生き延びようと妥協しない蠱毒。生き残りも当然気になりますが、この争いに無念ながら敗れた存在の行方もとても知りたいです。


  • 超人気の『ドラゴンクエストライバルズ』というゲームは・・

  • 大人気の『ドラゴンクエストライバルズ』とは、プレイした人も多い長寿ソフトであるドラクエのスマホ用のデジタルカードゲームです。過去にドラクエシリーズのゲーム内に登場したおなじみのキャラクター・モンスターを手持ちカードとして、敵となる他プレイヤーと1対1のカードバトルを行います。基本プレイに関しては無料です。おまけに、初期の段階で、なんと無料にてレジェンド・レアを含めたたくさんのカードパックチケットを手に入れられるようになっているので、仮に後発プレイヤーの方でも、すでに参加していたプレイヤーに乗り遅れることなく、課金しなくても充分に追いつくことができます。


  • 一般的には受験シーズンと言えば、遊ぶ暇もなく寝る間も惜しみ勉強する、・・

  • ふつうは受験生と言えば、遊ぶ時間もなく寝る間も惜しみ勉強する、、、というのが当たり前かもしれないのですが、実は私は受験シーズンに入ってからもスマートフォンのゲームで遊んでいました。その結果、志望校に無事に受かることができました。そのわけは大半のスマホゲームというものは、長時間の遊ぶことができなくなっています。1プレイする毎に、ポイントを消費して、そのポイントがゼロになると一定時間の休憩を挟まなければプレイできないゲームが一般的となっています。そのような理由から、ほんの少しだけ遊んで、ポイントを回復させて、その後遊べる時間がくるまでは、しっかり受験勉強をこなす、という方法でうまく息抜きしつつ受験対策をしていきました。


  • スマホゲームで大人気の『PUBG Mobile』で・・

  • スマートフォンのゲームで世界的に人気の『PUBG Mobile』は、約20~30分のあいだに100名のプレイヤーの中で生存をかけて銃を打ち合ってキルしていくバトルロイヤル形式のゲームです。このゲームをプレイするときはイヤホンを付けて、周辺からかすかに聴こえる発砲音や足音それに車のエンジン音などといった音を聞き逃さないように集中して音を拾いうまく行動しましょう。それから、目で見る画面以上にゲーム内の音の聴き分けが重要となるこのゲームは、例えば電車の中など騒音が多い場所でのプレイは向いていないかもしれません。このゲームは銃撃で勝つことも大切ですが、プレイの基本は常に動くことで、特定の場所には最後まで隠れ続けることができず、不規則に決まる安全エリア目指して終始移動し続けなくてはなりません。そしてまた、ゲーム中、常に油断は禁物で弱い頭部などを狙撃されないようにする必要性があります。もしも、至近距離で音がした場合、まず自分の身を隠して、物音がしたエリアから敵対するプレイヤーの位置を相手プレイヤーに気付かれるよりも早くつかみ、先手を取りましょう。