TOP

人ごみの中で見かける、どう見てもスマホゲームに没頭しているのか…

  • 人ごみの中で遭遇する、間違いなくスマホゲームに夢中になっている最中だろうなと思われる人の様子が相当面白いです。数日前にも、そのような人を目撃しました。スマホをしっかり両手に持ち、周りには目もくれず画面をじっと凝視していて、酔っているかのように、その人の頭部がゆっくり右方向に傾いたり、左に振れたり、クラクラしてました。きっと戦闘飛行機とかレーシングカーとかそういった運転系のゲームをしていて、ゲームの中で運転がカーブに差し掛かる時に没頭していて、自然と頭が傾いているんだろうなと思い、後方からそれを見ていたらなんだか非常にバカっぽくて笑えます。


  • スマホではたくさんのアプリが手軽にダウンロードできるわけです・・

  • スマホではたくさんのゲームが簡単にダウンロードできますが、無料ダウンロード・無課金で遊ぶことができるものもあります。無料のゲームだからとやりはじめたはずなのに、その後に、ゲームが面白くなってくるとガチャ課金に夢中になってしまう人達の心理が不思議だし、全く理解できません。私が考えるところではスマホゲームは、暇つぶしに重きを置いたものばかりで、どっぷり漬かりたいならPCゲームに切り替えて、さらに自分がプレイしたいゲームソフトを購入し、ゆっくりやりこめばいいのに、と思うのです。ところが、スマホでダウンロードできるゲームをタダでとって、万単位の課金をしてしまうのがサッパリ分かりません。そのうえ見たくない広告を見て、ムダに時間を掛けて課金しつづけるとか一体どういう心理なのか考えただけで本当に馬鹿らしいと思ってしまいます。その上に、スマホ上ですれば実際にどのぐらい課金しているのかわからないので注意しなくてはいけません。


  • スマホアプリで楽しめるTik Tokは、ひときわ若い世代の人の間で…

  • Tik Tokというスマホのアプリですが、なかでも学生の間ではかなり人気が高くて世に知れ渡っています。しかし、世代が上がるとどういう訳か若い人たちとは逆に、不信感を抱く人たちが大半を占めています。ところが、そのように言う人たちは大抵が『今までにない現代のものにはとりあえずは文句を言っておこう』といった風な気持ちが働いているだけなのです。自分の好きなコンテンツを大切にしたくなるのですね。Tik Tokはこれからも引く手あまたのすごく満足できるアプリだと、私は思っています。


  • 本当にゲームするのがとても大好きです。

  • 本当にゲームは好きなのですが、毎日、ゲームばかりしているのですが、どれだけ面白いゲームでも、「すぐに飽きてしまう」ことが悩みの種でもあります。インターネットが普及していない昔とは違って、情報が巷に溢れていて、娯楽に関しても充実していて、他のことについつい目移りしてしまい、一度、のめりこんだゲームであってもすぐに飽きてしまいもっと面白いものを欲してしまいます。これって、ある意味では贅沢な問題ともいえます。困っているのは私だけではないはずです。どれだけゲームを購入したり、課金したりしても、結局は飽きてしまって、エンタメとして自分が楽しむために続けているゲームなのに、次に自分が夢中になれるゲーム選びにイライラしているのでは無意味だなとモヤモヤしています。


  • もし大人気の『人狼ジャッジメント』のオンライン対戦を考えているのな…

  • 人気の『人狼ジャッジメント』のオンライン対戦は何もわからずにプレイするのではなくゲーム実況者によるYouTubeの動画を視聴して、ゲーム進行のセオリー及び専門用語などに関してだいたいの内容を理解しておくのが望ましいです。おススメしたい実況者は、「KUN」さんや「Kakiゲーム」さん、それと「プテラたかはし」さんで、彼らは、1日に1本は、この『人狼ジャッジメント』の実況動画を公開しています。基本的には録画編集したものを公開していますが、時々生放送を行うことも多く、どのチャンネルもとても楽しい上にそれに自身のプレイに参考になるものばかりです。「kakiゲーム 人狼」などでGoogle検索(またはYouTube検索)して、ぜひ確認してください。


  • シャドバに登場する「侮蔑の絶傑ガルミーユ」については・・

  • シャドウバースの「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」については、性能が高くナーフ(弱体化)が入ってからも強さを維持しています。「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」はいままでデタラメともいえる強さだっただけに、最新バージョンでもこのカードをエンハンスとして使うことで全体に一点ダメージ+自身が進化+さらに自分自身がダメージを負うと相手フォロワー1体・相手リーダーに3点のダメージが入るのは戦況がかなり有利となります。とにかくこんな感じで、現行バージョンも「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」は本当に安定性にすぐれたカードといえます。けれども、やはりナーフ前と比較してみると、火力が劣るので注意が必要で気をつけておいたほうが良いでしょう。


  • スマートフォンのゲームは、様々なものがあって、私が特に愛用しているの・・

  • スマホのゲームアプリって色々なものがあるわけですが、私が常に使用しているのは、オフライン専門のゲームアプリです。私は日常の移動時には、スマホアプリを用いてニュースをチェックしたり、また動画サイトで楽しいチャンネルの更新情報をチェックしています。でも、移動中いつでもそれが出来るワケではなく、地下に入り、電波が悪い場合や、通信速度制限の影響によってネットに接続がスムーズにいかない時も起こり得ます。そのような時は、いつもオフライン状態でも問題なく遊べるスマホゲームが役立ちます。移動時などの暇つぶしにピッタリでめちゃくちゃお勧めです。


  • シャドウバース内に出てくるレジェンド版「モルディカイ」カードに関して…

  • シャドバに存在するレジェンド版「モルディカイ」ですが、今の環境はあまり目にしないカードとなりました。それだけでなく、そもそもリアニメイト軸のネクロマンサーそのものを目にする頻度が落ちました。目にしなくなった原因は2点あります。原因1がゴールド版「ケリドウェン」のナーフ(弱体化)だといえます。最新版のアップデートにより、「ケリドウェン」のカードは、8コスト以内のモンスターしか復活できないから、これまでリアニメイト軸のフィニッシャーであったレジェンド版の「モルディカイ」そして「ゼウス」などのカードを残念ながら早期に呼べない問題が出てきました。原因のもう一つが、リアニメイトよりアーカスの方が強い設定であることです。自分の手札にコンボパーツが色々用意しておかなければ詰んでしまうリアニメイトよりも、「幽霊支配人・アーカス」さえ出しさえすればより安定的にフィニッシュできるアーカス軸のネクロのほうが戦略的に好ましいからです。


  • 大人気アプリの『人狼ジャッジメント』のいくつもの魅力のひとつとし…

  • 人気アプリの『人狼ジャッジメント』の数ある魅力のひとつに、50種を超えるバリエーションに富んだ充実した役職がありますが、各役職は、このゲームの基本である市民、人狼以外に、夜、指定したプレイヤーが実際は人狼なのかどうかを識別できる「占い師」、それに、夜の人狼側の襲撃時に他者を守ってくれる「狩人」、さらには、本当は市民なのに人狼側に加担する「狂人」といった役職など、色々です。それぞれの役職が手にする能力や役割などを適切に使っていき、周囲のプレイヤーの真実の姿を探っていきましょう。


  • 長い間プレイしているゲームは、パズルゲームに分類されるバブルマニア。

  • かなり前から私が楽しんでいるアプリゲームは、パズル系のゲームのバブルマニア。知り合いにすすめられて遊ぶようになったのですが、好きなゲームのタイプだったこともあり夢中になってしまい長年続けているというわけなんです。このバブルマニアというのは本当に簡単で、シンプルにボールを投げ込み画面上部のバブルを消して行くというだけのゲームなのです。容易ですから疲れないせいか、長時間続行してしまうし、キャラクターにおいてもほっこりする感じで大変キュートで安らぐのです。ですから今では仕事の休憩中にもやってしまいます。


  • 『人狼ジャッジメント』でのオンライン対戦をする場合、…

  • 大人気ゲーム『人狼ジャッジメント』のオンライン対戦については、参加者は各自、数人のゲームキャラクターの中から自分の好きなアバターをセレクトしてゲームスタートとなります。個々の中の人の性格や好みによって選択するアバターがあらかじめ決まっているみたいで、「マイク」だと、ゲームに不慣れな初心者が多く、「エマ」を選ぶ人は、天然な傾向がある人、「ゲイル」は変わり者な気質、と決まったイメージがあるのがものすごく面白い部分でもあります。だからもしもキャラクターの選択に迷ったなら、インテリジェンスなイメージのある「スーザン」や「カミラ」といったキャラ達でプレイしてみるのが良いでしょう。


  • 電車・バスを待っている間に、待ち合わせの際などの暇な時間を利用して…

  • 電車やバスを待っている間に、待ち合わせの際などの暇な時間を使ってスマホゲームをしている人はたくさんいると思います。実は私もそうで、暇な時間にスマートフォンをいじってゲームする頻度が多い生活を送っています。先週も、バス待ちしていたあいだに、当たり前のようにゲームをしていました。どうしても一時停止できない場面で熱中しすぎてしまい、バスが着いたというのに、自分としては、どうしても中断できなくて、せっかく来たバスを見逃し、ゲームをしていたせいで時間をロスしてしまいました。自宅に帰って冷静になると、元々は暇つぶし目的でやっていたのに、スマホゲームを何よりも優先させるだなんて全く無意味なことになぜにそんなに必死になってしまったのだろう?と自分で自分に呆れてしまいました。


  • スマホゲームのクラッシュロワイヤルではたいていおおざっ・・

  • スマホの人気ゲームアプリであるクラロワ(クラッシュロワイヤル)では通常概ね攻撃タイプ、防衛タイプのデッキの2タイプに分別できますが、防衛タイプでは大方防御しながらカウンターを攻撃するといったようなテクニックで戦うわけですが、なんだかごり押しが多いのではと思わせる攻撃タイプも実はゴーレムなんかはエリクサーアドバンテージといって今何エリクサー儲けているのか、ということを計算している人が上手な人なんかには大半です。例題を示すともし、4エリクサーのユニットを3エリクサーのユニットで守り切れたら1エリクサー分多いですよね?こういったみたいにプレイしながらエリクサーがどれくらい得したのかを数えていってその得した分が溜まったら一気に攻めます。


  • 3対3オンラインで対戦するゲームとして大変評判の良かった知る人も多いであ・・

  • 3on3のオンラインでの対戦ゲームでものすごく注目されていた知る人も多いであろうスマホゲーム、♯コンパスですが、ゲームをしてみるとバトルする時、自分の持ち合わせているパラメーター次第でその対戦の結果が決定するというかなりイタいものになっているのです。ある使用者には『オワコンパス(流行遅れになった終わったコンテンツ+コンパス)』等と呼ばれてしまう程使用するキャラのパラメーターの価値がないかのようなシステムになっていて、火力インフレ時代となってしまっているのです。


  • 本来私はスマートフォンでのゲームなんてぜんぜん興味はありませんでした。

  • 本来私はスマホゲームなんて一切関心はありませんでした。というよりも、それ以前に、どんなゲームでもどっぷりはまったことがないですし、自分には全く関係のない世界のようなものでした。ですが、あるスマホゲームに私の好きなイラストレーターを起用したキャラクターが出ることになったのです。なんとしても見てみたいのでしょうがなしにアプリをダウンロードし、ゲームをプレイし始めました。だけど、そのキャラクターはレアな存在らしく、長い間プレイして、プラス課金を行わないと入手しにくいキャラだったので、それを手に入れるべく、ついに私はゲームにハマり、課金にも嵌ってしまいました。