TOP

シャドウバースの12月にはじまったナーフは、えっなんで?と混乱してしまう人・・

  • シャドウバースの12月からのナーフ(弱体化)は、混乱した方も多いでしょう。その中でもとりわけ、「スカルリング」カードの3コストが4コストへの変更は謎でしたよね。ですが、これにはいい点があります。もちろん、確かにコストは増えましたが、その代償にそれまでは必要だったネクロマンスが要らないので中盤の「オルトロス」それに後半の「デスタイラント」の際に必要になるネクロマンスをこれまでより温存しやすくなりました。ここで、一体どういったデッキに入れるかが問題となりますが、それは「骸の王」のデッキを選んでおくべきでしょう。要するに4コスで盤面には3体出せるようになますから、入れておきさえすれば、「骸の王」が出る確率アップが期待できます。


  • スマートフォンゲームの〈物語〉シリーズぷくぷく。このゲーム内…

  • スマートフォンで遊べる物語シリーズぷくぷく。これで高いスコアを残したいのならば、最も期待できる、千石撫子で狙っていくのがベストだと思います。なぜかというとスコアの順位の1位2位は大抵の場合千石撫子でごったがえしていると言い放っても過剰な表現とは言えないからなんです。千石撫子はカードスキル性能がナンバーワンで、もしも、千石撫子を使わずハイスコアを獲得したい場合、大変なラッキーさ、さらには技術、といったものが欠かせません。


  • ジョーカーというスマホゲームは不良のキャラが出てくるマンガを好きだった方・・

  • スマートフォンのゲーム、ジョーカーは不良のキャラが出てくるマンガを好きだった方にオススメのスマホゲームアプリです。このゲームはマンガ形式で進み、操作方法についての解説も用意されているので、ゲーム初心者にもやさしく、物語はマンガのように読めるため、不良マンガの世界に没頭しつつ、主人公となり、物語を読み進めながらゲームを堪能できます。ゲーム内で行うバトルはシンプルでありつつも味わいもあり、キャラクターはカッコよさ可愛いさ悪の強さとバリエーション豊かなキャラクターが沢山います。今でも、青春ヤンキー映画とかTVなどは絶対に観る、そして、そういう不良マンガにハマった人にそしてまた、青春ヤンキー映画が好き人にぴったりで、お勧めしたいゲームです。


  • 大人気スマホゲーム、バブルマニアでは、30分ごとにライフが復活するようになりました。

  • 人気スマホゲーム、バブルマニアですが、30分でライフがもらえるように変わりました。それ以降、バブルマニアに打ち込んでいる時間がすごく多くなりました。今までは1時間に1度だけライフをもらっていたから、今のようにはプレイするほどでもなかったし、気が向けばやるという感じでした。だけど、30分ごとだったらやっぱり、やっちゃいますよね~。だけど、長い時間夢中で遊ぶのもよろしくはないですよね。でも、やっぱり遊んでしまうのです。結構先までクリアしたから、もっとクリアしにくいステージに進んだらもうこのゲームを遊ばないようにしようと考えています。


  • 人気ゲームアプリ『人狼ジャッジメント』の1ゲームあたりに必要な所要時間についてですが…

  • 人気の『人狼ジャッジメント』の1ゲームあたりに必要な所要時間は、一律ではなく、参加する人数に変わってきます。普通は9人が参加するオンライン対戦では、ゲームで敵同士となる人狼が2人、市民が3人、ゲームの独特なポジションの、霊能者1人、占い師1人、狂人1人、狩人1人の形でゲーム開始となり、およそ1回のプレイでおよそ30分~45分くらい掛かります。その人数だったら一日のうちでオンライン人口が少なめの、午前中や昼過ぎのような時間帯でも、9人対戦なら意外とすぐに参加者が集い、ゲーム開始になります。いろいろな役職が入り乱れる20人の対戦の場合は、休日や夜間のようなオンライン人口が増える条件がないと、マッチング終了までにやや時間を要するかもしれません。


  • 大人気ゲーム『人狼ジャッジメント』を遊んだら、そんなに…

  • 人気の『人狼ジャッジメント』を実際にプレイしたら、あまりうまく進められない、なんてこともたくさんあります。初心者だと発言できないまま、周りに人狼ではないかと怪しまれて、何も反論することも出来ないうちに処刑の裁定が下され、あえなくゲームオーバー、なんていう事態が普通です。悔しいです。このアプリ自体、騙し騙される前提のゲームであり、他人を責めて自己防衛を図ったり、周りのプレイヤーのウソを見抜こうとあら捜しに奔走するプレイヤーもとても目立ち、イライラしてしまうこともあります。残念ですが、ゲームを削除してしまう人もかなり多いともいいます。ですので、他人の厳しい言葉はなるべくゲームの世界だからと割り切ってしまい、システムに慣れていくのが上達のカギです。


  • 人気の『人狼ジャッジメント』における基本となる流れ・・

  • 大人気ゲームアプリの『人狼ジャッジメント』での、基本となるゲームの流れとしてはシンプルで、昼と夜の周期が繰り返されるのみです。昼は皆が話し合う時間で、人狼の可能性が高い人を投票によって一人だけ選び、投票によって選ばれた人を処刑していきます。選出されれば死んでしまいます。そして夜は、人狼が話し合い市民1人を襲います。市民だったら死んでしまいます。市民は、隠れた人狼をすべて処刑できたら勝利となり、人狼陣営側は、処刑で全滅してしまう前に市民陣営を、生き残っている人狼と同じになるまで減らしたら勝利となります。ですから、人狼だったら市民にバレないように紛れ込み、市民の疑心暗鬼を煽って処刑の矛先をそらし、市民プレイヤー同士が処刑するようしむけていき、周囲に怪しいと疑われてしまった市民プレイヤーは、皆を論理的、感情的に説得して処刑を回避しなくてはなりません。


  • 育成ゲームをやっていくうちに、色々と実験してみたくなります。

  • 私の場合、育成系のゲームをしていると、どうしてもあれこれと実験したくなるんです。どういう衝動かというと育成ゲームは、対象物の世話をし続けないといけないシステムであるものの、食事をあげなかったり、運動させないと、即座に育成対象のコンディションが悪化していき、然るべきケアをするように注意されます。さらに、その注意をスルーしていると、危険であると画面いっぱいに知らせてきたりもします。なんですが、「このまま無視していたらこの先どうなっちゃうんだろう?」とあえてほったらかし続けてみました。数日そのままで(待ち遠しかったです)展開にワクワクしながら改めてゲームを起動してみると、おもしろいことに育成対象のすべてのステータスが初期値に戻っていて、健康な状態から再スタートになりました。ふ~ん、こうなるのか。やっぱり架空の世界です。やっぱり当然ではあるものの、現実の育成とはちがう面白さがあります。これは本当に不思議でおもしろい世界です。


  • 前に、爆発的に流行したAgar.ioというのは簡単に言えば捕食ゲームなのですが・・

  • 前に、流行したAgar.ioは平たく言うと捕食ゲームです。このAgar.ioというゲームには緑色っぽいものが存在します。ボタンを押すことによってその物体に自分の分身を放り投げることを続けることにより、崩壊します。その際自分以外の他の周辺のキャラたちは最大限に細かくされます。そこで、そこに目を付けます。もしも、上手に出来れば瞬間で点数が凄い量増大します。かつ、これは自分自身が苦境の際に目立たなくする、合わせて自分自身がやばい時なんかにも反対にチャンス変えられます。